行政書士のプロローグ & モノローグ

法律、経済、文化、福祉、雑談etc. 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「容疑者殺害」は自己撞着

ウサマ・ビンラディン容疑者が米軍特殊部隊により殺害された。この時、ビンラディン容疑者は武器を持っていなかったという。オバマ大統領は緊急演説を行い、「正義は遂行された」とアピールし、世界もこのことを好意的に受けとめた。その結果、大統領の支持率は上がり、ドルは回復した。
一般家庭に潜伏し、しかも丸腰のビンラディン氏に対して、殺害より他に手立てがなかったというのは到底信じがたい。ゲリラ戦ならともかく、一般住居に家族と一緒に住んでいる者を、高度に訓練を受けた特殊部隊が身柄拘束できないわけがない。初めから逮捕するつもりなどなく、殺すつもりであったことは明白である。
容疑者は逮捕後、適正な手続(デュー・プロセス)を経て裁判にかけられ、判決に基づき刑が執行される、というのは法の常識であろう。国際法がどうなっているかは知らぬが、「容疑者殺害」などという言葉は、法律上明らかに自己撞着である。サダム・フセインですら、逮捕後裁判にかけられた上で処刑されたのである。
このような正当な法的手続きが、ビンラディン容疑者の場合に限ってなにゆえ行われなかったのか? それは、単純に口封じとしか考えられない。9.11同時多発テロの後、アルカイダが犯行声明したわけでもなく、また米国当局は、ビンラディン容疑者が、この事件に直接命令を下した証拠はつかんでいなかったと言われる。1) ※1
ビンラディン氏が9.11に関与したのでないかという推測の下に、アフガニスタンのタリバン政権に対して同氏とアルカイダの首謀者の引渡しを要求し、それを拒んだからと言って攻撃を加えた。さらにアルカイダを支持するフセイン政権に対して大量破壊兵器を保有しているという疑いにより、イラク戦争を引き起こした。今更、ビンラディン容疑者が9.11と無関係だったなどということになれば、アメリカ政府の面目は丸潰れとなり、国際的信用を失うことは免れないであろう。

さらに9.11事件そのものに対しても、重大な疑惑がある。これについては、民主党の藤田幸久議員(現参議院財政金融委員長)が、参議院外交防衛委員会で石破茂防衛大臣(当時)に対して、アルカイダの単独犯行説に疑問ありとして質問を行っている(2008年4月24日)。その後、藤田議員はその主張を著書にまとめている。1)
同著は、9.11事件に対して次のような疑問を呈している。

①  航空機(ボーイング767)が世界貿易センタービルの横っ腹に激突した際、ビルは物体の落下速度と同じ速さで崩落した。頑丈な鉄筋構造のビルが軽量化に心を砕いて設計された航空機にぶつけられたくらいで、このように脆くも倒壊するものだろうか。アメリカの多くの科学者も、この点に疑問を投げかけている。また、同ビル崩壊の映像は、解体工事における崩落シーンと酷似しており、ビルの底部に設置された起爆装置を爆発させた場合に、このような現象が起きる。そして実際、消防士の多くが爆発音を耳にしているが、ニューヨーク市は消防士の体験談を非公開にしている。
②  ハイジャックしたパイロットは飛行学校に半年間通い操縦方法を学んだというが、彼らが練習用に乗ったのはセスナ機であり、このような小型機とボーイング767のような大型機とでは、操縦方法の難易度において雲泥の差があり、半年間程度の飛行訓練で大型機の操縦は不可能だという。さらに、空からはつまようじ程度にしか見えぬ高層ビルに衝突させることは、ベテランパイロットですら至難の技と言われており、これは、神風特攻隊の大半が海に突っ込んだことからもうかがえる。

同書では、他にも9.11事件に関する様々な疑問点が指摘されている。藤田議員の国会での追及に対する反応には賛否両論があり、岩見隆夫氏のように荒唐無稽(サンデー毎日)と切って捨てる者もあれば、寺島実郎氏(多摩大学学長、日本総研理事長)のように支持する者もいる。
また、同著に対しては山本弘氏(と学会会長)が、批判を寄せている。2)山本氏によれば、世界貿易センタービルの崩落メカニズムについては、和田章氏(東京工業大学名誉教授)によってすでに解明されており、決着済みだということである。要するに、同ビルの梁(トラス)はわずか500度で溶解するため、衝撃によって梁が4本の柱から外れ、全部の床が下にずれ落ちたというものだ。門外漢なのでコメントは避けるが、アメリカを代表する世界貿易センタービルにしては建築構造が脆弱すぎないだろうか。500度で溶解するということは、通常の火災でも崩落する可能性があるということか? これがこのビルに限った構造上の問題であるかについては触れてなかったが、アメリカでは、姉歯問題のように建築士の責任を追及したり、建築基準を見直したりする動きはないようである。また、消防士の聞いた爆発音については、人が落下した時の衝撃音であるとし、操縦技術の問題については言及されていなかった。
藤田氏は、岩見氏らの陰謀説という批判に対して、「陰謀とは言ってない」と反論しているが、一方で、自身のHPの中で、孫崎亨氏(駐イラン大使、前防衛大学校教授)の「おそろしい話しであるが、同時多発テロ事件が生じたとき、国防省、国務省の幹部は第二の真珠湾攻撃を歓迎する立場の人々が占めていた。勿論ブッシュ大統領も承知していただろう」という発言を引用している。
真珠湾攻撃に関しては、昔からアメリカは事前に知っていたのだという説があるが、これは何も日本人の間での風説ではなく、アメリカ議会で過去に大問題になっている。日米開戦前、アメリカはウィリアム・フリードマンを中心とするチームが、パープル(紫暗号:日本の外務省関係の暗号)解読に成功し日本が攻撃してくるであろうことを事前に予測していた。そのため、当時厭戦ムードの強かったアメリカの世論を、開戦に導くためにあえてハワイを見殺しにしたのではなないかという政府に対する疑いが高まり、議会から猛反発をくらった。その時の政府の言い分は、攻撃があることは知っていたが、ハワイと言う場所までは特定できていなかった、というものであった。3)
これを聞くと、戦争の大義を作るために、まず敵方に攻撃を加えさせるという行動原理が、アメリカという国家に内在しているのではないかとさえ疑いたくなってくる。もちろん、真珠湾攻撃は、対英米戦争反対論者であった山本五十六連合艦隊司令長官が、作戦を企画立案・実行したものである。4)しかし、東條英機が首相になってから、日米交渉の道を探ろうとしたにも関わらず開戦に至ってしまったのは、アメリカ側がそれを望み誘導したからに他ならない、といった見方をする者もいる。そして、「誘導」と「捏造」の差は紙一重であったことは、先の前田恒彦前特捜検事による証拠改ざん事件が教えてくれている。
ちなみに、9.11疑惑に関しては、藤田氏より先にベンジャミン・フルフォード氏が著書を執筆している。5)6)ベンジャミン・フルフォード氏と言えば、疑似科学や陰謀史観に深入りしすぎるきらいがあるが、彼の出発点は、不良債権と暴力団の関係を暴いたものである。7)8)私はかつてサービサーに勤務し、不良債権がヤクザに骨がらみになっている実態をこの目で見てきているので、日本のジャーナリストたちが手をつけられなかったこの問題に、あえて挑んだ勇気には敬意を表している。
今回のウサマ・ビンラディン容疑者の殺害に関して、我々日本人が一番思い出さなければならないのは、東京裁判であろう。東條英機がピストル自決をはかった時、弾は心臓から逸れたとは言え出血多量で死亡する恐れがあった。この時GHQは蘇生のために最善を尽くしている。そして、東條は、東京裁判の結果や刑務所の処遇に満足して死んでいったのではないかと思われる。巣鴨プリズンで死の直前、「(高位高官に登り詰め、陛下をお守りすることができて)自分ほど幸せな男はいない」と教誨師の花山勝友師に語っている。9)
この時に比べ、今回のアメリカの行動は、法と正義の観点からして、遥かに後退していると言わざるを得ない。しかも平和を希求しているはずのオバマ政権下においてである。オバマ大統領が、当初からこの作戦計画を容認していたとはけして思わないが、容認せざるをえない何らかの事情があったのではないか? 闇はますます深まってくるばかりである。


(文献)
1)藤田幸久編著  『9.11テロ疑惑国会追及 オバマ米国は変われるか』 クラブハウス 2009
2)と学会著 『トンデモ本の世界W』 楽工社 2009
3)R・W・クラーク著 新庄哲夫訳 『暗号の天才 ―ウィリアム・フリードマンの伝記-』新潮選書 1991
4)阿川弘之著 『山本五十六』 新潮社 1973
5)ベンジャミン・フルフォード著 『暴かれた9.11疑惑の真相』 扶桑社 2006
6)ベンジャミン・フルフォード著 『9・11テロ捏造―日本と世界を騙し続ける独裁国家アメリカ』 徳間書店 2006
7)ベンジャミン・フルフォード著 『日本がアルゼンチン・タンゴを踊る日』 光文社ペーパーバックス 2002 
8)ベンジャミン・フルフォード著 『ヤクザ・リセッション さらに失われる10年』 光文社ペーパーバックス 2003
9)保阪正康著 『東条英機と天皇の時代』 文藝春秋 1979


(参考サイト)
※1 FBIはビンラディンが9.11に関与したとは言っていない    




スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。